マインドリーフ心理研究所のホームページへようこそ

MENU

シバリンガム・マジック

シバリンガムとは?

シバリンガム

ヒンドゥー教の三最高神の一人、それがシバ神です。そしてシバ神を祀る寺院において御神体となっているのがシバリンガム(左写真)です。インドの七大聖地の一つであるナルマダ川で、年に一度しか採取が許されない珍しい貴重な天然石です。(通常使用するのは天然石ではなく、ナルマダ川の近隣の地層から掘り出して加工したものです。)

この、なんとも不思議な形と模様の石はインドで古くより宗教的儀式や瞑想時に用いられてきました。

『インデイージョーンズ 魔宮の伝説』ではシバリンガムを巡ってストーリーが展開したので、覚えておられる方もいるかと思います。

シバリンガムの名前の由来は、破壊と再生を司る神「シヴァ神」と男性の象徴を意味する「リンガム」から来ています。両極性の意味を持つ破壊と再生を司る神の名前が付けられることからも、また、その2色の重なり合う模様が織りなす外観からも、このシバリンガムという石は、男性性と女性性、陰と陽など両極面にあるエネルギーバランスを司り、そこから新たなエネルギーを生み出す力を秘めていると言われています。

精神的に、あるいは肉体的に不安定な方に大きな癒しを与えてくれるそのパワーは、男性らしさ・女性らしさのバランスも取ってくれます。男性らしさとは、自分の思いを実現するための力強さや外側で何かを実現する外向的な力で、女性らしさとは自分が本当は何を望んでいるのかを感じ取る繊細さや内側で自分の気持ちを感じられる内省的な力です。すなわち、活力、創造性、健康をサポートをしてくれたり、また子宝の恩恵も与えてくれるとも信じられています。

このシバリンガムを用いたエネルギーマジックや瞑想の方法をお伝えします。

 

プログラム内容

・ヴァジュラを使った瞑想法(ヴァジュラ・メディテーション)

・覚醒の為のエクササイズなど

・シバリンガムへの目的に応じたエネルギーチャージの方法を学びます(ブラフマー・マジック)

→これにより、プロテクション(場所や個人の浄化や防護)や、現実化に活用できます。

*小さなサイズは、持ち歩き用や瞑想に適しており、大型のものは自宅やオフィスなどに置いて空間のエネルギーバランスを適切に保つのにお勧めです。

*北米のセブンスレイ・ミステリースクールの長であるローリー・グドナソンの教えのもと、ヨーロッパ、北米、南米などに伝統的に継承されているスキルをお伝えします。


講座料金

◆講座料金 30,000円  (テキスト込、税別、公式クラス) 再受講 15,000円(テキスト別、税別、公式クラス)

◆参加資格: どなたでも参加可能

◆当日必要な物:

・シバリンガム(上記写真の石:大きさは大小様々あります。)

ヴァジュラ・五鈷杵ヴァジュラ(五鈷杵、七鈷杵、九鈷杵など)

 

 

 

*当日、シバリンガムのご購入も可能ですので、必要な方は詳しくは事前にご相談下さい

各3000円前後位~

*お1人でもご希望日程での開催のご相談に応じます。

 

PAGETOP
Copyright © マインドリーフ All Rights Reserved.