タロット全体画像-2■タロット講座・応用編とは?

「大アルカナカードはある程度使いこなす事が出来ているけれども、小アルカナカードの意味がどうもよくわからない。うまく活用が出来ない・・・」そんな声からこの講座は生まれました。

小アルカナである「数札」「宮廷カード」を主体に、その意味の捉え方の基本となる原理・原則を学びます。それにより、小アルカナカードを使いこなしていけるようになります。

⇒この講座は大アルカナカードの基本的な意味を理解している人が対象です。

*大アルカナカードから学びたい方には、「タロット講座・基礎編」(2日間)がお薦めです。マルセイユ・タロットを中心に、ライダー版との違いを踏まえながら、大アルカナの意味を理解し、イメージやメッセージを受け取れるような内容にしています。
(興味のある方はお問合せ下さい。)

*講座は随時開催ですが、日程のご希望があればいつでもご相談下さい。

■日 時

・2018年 8月 4日(土)~ 5日(日) 10:00 ~ 18:00

■場 所

・神奈川県横浜市港南区内 マインドリーフ・セミナールーム
JR戸塚駅、京急上大岡駅などから、横浜市営地下鉄ブルーライン乗換「下永谷駅」 徒歩7分 アクセス参照。(詳細はお申込み時にお知らせします。)

■講座料

・54,000円 (テキスト込・消費税込)

■お申込み・お問合せ

サイト右上の<お問合せフォーム>から、もしくは、<mindleaf03@gmail.com>に直接メールをお送り下さい。
(氏名、連絡先を忘れずに)

■主なプログラム内容

* 小アルカナ(数札と宮廷カード)とは?
* タロット曼荼羅(西洋の密議)の理解
* 小アルカナと大アルカナカードの関連性について
* 四大元素(地水風火)の基礎
* 四大元素と小アルカナカード(玉、杯、剣、杖)
* 数秘術のタロット解釈への応用
* 色彩との関連
* カバラ哲学「生命の樹」と小アルカナカードとの関連と解釈
* 宮廷カードの理解と活用法
* 小アルカナカードの展開方法とその実践

■講座で使用するカードの種類に関して

* 基本はマルセイユタロットですが、どんなものでもご持参下さい。
* この講座の趣旨は、タロットカード全般に引き継がれている<原理・原則>をお伝えするものです。
*主にマルセイユ版とライダー版を比較しながら理解を深めて行きます。
* カード間の差異を学ぶことで、より深くその意味を汲み取ることが出来るようになります。
* 源泉を知ればどのようなカードにも応用が可能です。もちろん自分に合ったカードこそが最も大切なカードであることは変わりません。

タロット全体画像-1

■講師のタロット履歴

ユングの本などの影響もあり、タロットと精神世界のかかわりに興味を持つようになる。最初にライダー版に出会い、それからカモワン版、マルセイユ版などのタロットに出会う。2004年より日本を代表するタロット研究者・大沼忠弘氏のもとで学び、フィリップ・カモワン氏からも指導を受ける。ホドロフスキーのワークショップにも参加。その後、占星術師・ステラ薫子や有志の人達と(有)フォルスを設立し、代表取締役を務め、大阪などにヒーリングスペースを出店する。代表辞任後、カバラの<生命の樹>とタロットカードとの関連や、心理学との関連を探求し、現在に至る。